>  > 乳首舐めからの攻撃であっさり逝きました

乳首舐めからの攻撃であっさり逝きました

チェックインするとすでに、デリヘル嬢とは恋人同士のような気持ちになっていました。バスルームに入って、しっかり体とちんこを洗ってもらって、イソジンうがいをしてバスタブに・・。この時もなんかお互いが気をつけ合ってすごく感じでしたよ。頃合いを見てベッドへ行きます。ベッドで寝転がってると、「ねえねえ腕枕して〜お願い」なんて言いながら横にちょこんと添い寝してくれて、たまらずうれしくてニヤけてしまいました。そんなときでもちんこを握ってくれていて刺激をしてくれるのを忘れていません。常に一定の勃起力を保ってくれているようで、このあたりは感心しますよ。しばらく、腕枕+乳首いじりをしていたら、甘い吐息をはきながらもじもじというか悶絶しているので、なんか可愛くなってしまって、そのままディープキッスから、その流れで乳首舐めです。おまんこに手を添えるとそこはもう洪水状態ですよ。クリトリス舐めと指入れ穴攻めでデリヘル嬢は軽く逝ってくれました。

順番って大切

お店のコンセプトである拘束デンマができる椅子を利用し、ヘルスっ子を椅子につなぎました。「何回やっても慣れないです〜」と、涙目に訴えるが、俺は容赦しない。身動きとれず膝でガードすることもできなく、露わになっているアソコにデンマを近づけてスイッチオン。まだクリトリスに触れてもいないのに、デンマを音を聞いただけで「あ〜っ、ヤバい、ヤバいよぉ〜!」と、かなり焦る。まずは駆動レベルを最弱にしてそっとクリトリスに当ててみました。最弱でも「き、きたぁ・・・!」と、大騒ぎするヘルスの女。ちょっとずつ振動を高めていき、2分程度で潮吹きです。3分したころには潮も吹きだしました。言い忘れていましたが、デンマ中はアイマスクをつけています。なので、より敏感になっているのだと思います。何回連続でイケるのかって挑戦したいくらいイッていました。先に女をイカせてしまったのがマズかったか、この後に俺のペニスをフェラする姿が明らかに弱っていました。デンマは終盤の方がイイですね。

[ 2015-08-04 ]

カテゴリ: 風俗体験談